在宅介護相談

在宅介護相談(在宅薬剤管理指導・居宅療養管理指導)

   <薬剤師も「訪問サービス」を行っています。>
■薬剤師が行う「居宅療養管理指導」とは、介護保険の在宅サービスのひとつです。
医療保険にも同じようなサービス(訪問薬剤管理指導)があります。
医師や看護師、ヘルパーなどの在宅訪問のようなものと考えたください。

■診察して、医師が必要な薬を処方し、患者さんに「処方せん」をお渡しします。その際、薬剤師による居宅療養管理指導が必要と判断した場合、医師はそのことを「処方せん」に記載します。その「処方せん」を薬局にお持ちいただくと薬剤師がその「処方せん」に基づき調剤し、薬を持ってご自宅を訪問します。この場合、訪問は患者さんの同意によります。

■訪問した薬剤師は、薬についてのご説明や薬の管理についてのアドバイスや指導をします。
また、薬の効果を確認するとともに、副作用などが出ていないか、薬が食事や睡眠などの日常生活に影響を与えていないかなどを確認し、その結果を医師に報告します。必要があれば、訪問看護師・ヘルパー・介護支援専門員などと連携をはかります。

■その他、薬に関するご質問や介護用品・福祉用具などのご相談にも応じます。

介護保険のページ  | 公益社団法人 高知県薬剤師会

 在宅でも安心して介護サービスを受けていただくため、薬剤師も薬を通して、また、他の保健・医療・福祉関係者との連携を通して、在宅医療、介護サービスのお手伝いを致します。

高齢者と薬

1 高齢になると多くの病気にかかりやすくなります
  体の働きは、加齢とともに低下していきます。高齢者は、色々な病気を持っていることが多くなり、何種類もの薬を服用する機会が増えてきます。
 そこで、次のようなことに注意が必要となります。

「薬の相互作用」
 2種類以上の薬を同時に服用した場合、薬と薬がお互いに影響しあって、薬の効き目が変化することがあります。これを相互作用と言います。
 服用する薬の種類が多くなればなるほど、薬と薬の相互作用はおこりますくなります。
 複数の医療機関で診察を受け、それぞれに処方せんが出た場合などに、かかりつけ薬局を決めておきそこで調剤してもらうと、薬の重複や相互作用のチェックをしてもらうことができ、安心です。
「薬の副作用」
 薬を飲んだときに、本来の目的以外の作用が現れることがあります。これを「副作用」と言います。
 高齢者ほど副作用が出やすいと言う報告もあります。
 ある調査では、副作用の出現率は、加齢とともに上昇し、「60歳代では10%」、「70歳代では20%」、「80歳以上では30%」という結果が報告されています。
 薬を服用している場合、具合の悪い症状を感じたら、医師や薬剤師に相談しましょう。

2 高齢者に副作用が起きやすいのはなぜでしょう?
1) 身体機能が低下しているため
 人間の身体は、加齢に伴い、肝臓で薬を分解する能力や、薬を腎臓から身体の外へ排出する能力が低下します。また、高齢者は身体の中の水分の割合が少なくなり脂肪が多くなるため、脂肪にとける薬が身体の中にたまりやすくなります。その結果、薬が効きすぎて、副作用が現れることがあります。

2) 多くの薬を飲んでいるため
 高齢者の多くは複数の病気にかかり、たくさんの薬を飲んでいます。そにため、薬と薬の相互作用が起こる可能性が高くなります。

3) 日常生活の問題点など
 加齢に伴い、目が見えにくくなったり、耳が聞こえにくくなったりします。そのため、薬を見まちがえたり、薬に飲み方を聞きまちがえることも考えられます。

介護保険のページ  | 公益社団法人 高知県薬剤師会

◆ 副作用には、風邪薬を飲んで眠くなったというような比較的軽い症状から生死にかかわるものまで、さまざまなレベルのものがあります。しかし、副作用は誰にでも起こるわけではありません。個人差(アレルギー体質など)や飲んだときの体調なども影響します。

◆ 重い副作用でも、その前兆として軽い症状が現れることが多いので、大事に至る前にこの初期症状を医師や薬剤師に相談しましょう。

◆ 副作用をむやみに心配し、必要な薬を飲まないと、病気を悪化させたり治療が長引く原因にもなりかねません。薬は、正しく使えば、副作用が現れる確率は低くなります。

介護保険のページ  | 公益社団法人 高知県薬剤師会

4 薬の飲み忘れを防ぐには
◆ 薬局では、飲む時間ごとに1つの袋にまとめてお渡しする等の工夫を行っている場合もあります。薬剤師に相談してみましょう。
  さらに、このようにしてもらった1包、1包にあらかじめ「何日の朝」、「何日の夜」とか飲む日時を記入しておくと、きちんと飲んだかどうかが一目でわかります。

◆ 多くの薬は食事を目安に飲むので、食事前に食卓に出しておくと、飲み忘れが減ったというデータもあるようです。
 
▼もし、飲み忘れたら?
◆薬によっては、抗生物質など一定の間隔できちんと服用しなければならないものや、糖尿病の薬のように、飲み方を間違えると低血糖をおこしてしまうものもあります。
 また、抗てんかん剤などは、血中の薬の濃度をきちんと維持することが大切なため、不規則な飲み方は危険です。

◆飲み忘れに気づいたら、自分で判断せず、医師や薬剤師に相談するようにしましょう。薬を飲み忘れた場合の対処方法や、食事が不規則な場合の飲み方等を事前に相談し、確認しておくとより安心です。

▼飲んだかどうか忘れてしまったときは?

◆「薬を飲んだかどうか忘れてしまった」ということも意外とあるものです。糖尿病の薬のように、本当は飲んだのに勘違いして2回分飲んでしまったら、かえって危険なものがあります。

◆そんなことのないように、カレンダーに○をするとか、薬を飲んだ後の包装をとっておくなど、あとからでも薬を飲んだことが確認できるようにしておきましょう。

5 どんなことに注意すれば良いのでしょう?
▼ 飲む量・期間を守りましょう
◆医師から処方された薬を飲んでいて、症状がよくなったので薬をやめた・・・こういった自己判断は危険です。症状が軽くなっても病気そのものが治っていない場合があり、治りかけた病気をまたひどくすることもあります。さらに、高血圧や糖尿病の薬などは、急に薬をやめると危険な場合があります。

◆また、薬は飲む量を半分にしたら半分だけ効く、倍飲めば効果も倍、ということはありません。医師は「患者さんが決められたとおりきちんと薬を飲んでいる」という前提で治療の計画を立てます。勝手に薬を飲まないでいると、薬が効いていないと判断し、より強い薬に変える場合も出てきます。飲む量や期間をきちんと守りましょ。

▼ 処方された薬はあなただけのものです
◆医師が処方した薬は、患者さん一人一人を診断したり検査した上で、それぞれの症状、体質、年齢などを考えて処方されています。薬局や薬店で販売されている万人向けの薬(大衆薬)とは違い、個人個人にあわせたものです。

◆症状が同じだからといって、あなたの薬を他人にあげたり、あるいは他人の薬をもらって飲んだりするのはやめましょう。これは、家族同士でも同じです。

HOME|個人情報保護ポリシー|もどる
公益社団法人高知県薬剤師会
〒780-0850高知県高知市丸ノ内1丁目7-45
総合あんしんセンター2F
TEL088-873-6429FAX088-822-8734
Copyright(C)2018kochi-kenyaku.or.jpAll Rights Reserved.