1.お薬の飲み方

A1 薬を水なしで飲んでもかまいませんか?

 薬が吸収されるには、薬が溶けた状態でなければなりません。水がなければ溶けにくいので、吸収が遅れ、効果も現れにくくなります。
 水には、飲みやすくする役目もあります。錠剤やカプセル剤を水なしで飲むと、食道に引っかかったりくっついたりして、その場で溶けてしまい、食道に炎症を起こすこともあります。また、粉薬などは、気管から肺に入ってしまい、肺炎を起こした例もあります。
 水なしで飲めるという方も、水で飲むようにお勧めします。

A2 (薬を飲むときの水の量はどのくらいが適当でしょう?

特に水分を制限されているとき以外は、コップ1杯(150〜180ml)程度の量が適当と思われます。

A3 (薬を飲むのに、水の代わりにお湯やお茶で飲んでもかまいませんか?)

一般的には、お湯でもかまいません。水よりお湯の方が薬の吸収は速くなります。ただし、消炎酵素剤などのタンパク質でできている薬の場合、あまり熱いお湯で飲むと分解することもあります。また、熱いお湯は少しずつしか飲めないためぬるま湯が適当です。
 ほとんどの薬は、番茶や焙じ茶などのお茶で飲んでも問題はありませんが、薬の種類によってはお茶に含まれているタンニンと薬の成分と結合して吸収されにくくなることもありますので、薬は、水かぬるま湯で飲むようにしましょう。

A4 (カプセルに入っている場合に、中の薬だけ飲んでもかまいませんか?)

カプセルは、味やにおいが悪く刺激性のある薬を、飲みやすくするために用いられています。ですから、カプセルをはずすと、その味や臭いのために飲みにくくなることもあります。
 最近では、様々な加工をほどこしたカプセルも多くなっています。例えば、胃に刺激のある薬や胃酸で分解する薬は、胃で溶けずに腸に入ってから溶けるよう工夫してあります。また、急に吸収されると作用が強すぎる薬や、長時間作用させたい薬の場合は、成分が少しずつ溶け出すように工夫しているものもあります。
 このようなカプセルをはずすと、目的とする効果が出なかったり、副作用が出やすくなったりしますので、基本的にはカプセルのまま飲むことが大切です。
 錠剤や顆粒剤の中にもこのような加工をしているものもありますので、むやみにつぶしたり噛んだりしないでください。

A5 (カプセルは喉につかえて飲みにくいのですが、どうすれば良いのでしょう?)

カプセルは、ゼラチンでできているので、湿気があるとくっつきやすくなります。そのため、先にカプセルを口に含むと、口の中に付着して飲みにくくなります。まず、水を少し飲んで喉をうるおしてから、もう一度水を口に含み、カプセルを浮かべるようにして一気に飲み込むと飲みやすくなります。また、喉にくっつきやすいので、十分な水で飲みましょう。
 錠剤や粉剤なども同じようにすると、飲みやすくなります。
 どうしても飲めない場合は、医師や薬剤師に相談してみましょう。

A6 (粉薬は飲みにくいのでオブラードに包んで飲んでもかまいませんか?)

 オブラートは、寒天とゼラチンで作られた薄い紙のようなもので、不快な味の薬を包んで、飲みやすくするものです。
 オブラートを使用するときは、真ん中に薬を置き、周りを持ち上げ軽くひねるようにして包み込み、余分な部分は切り取ってください。
 飲み込むときは、水を口に含んで、薬の入ったオブラートを浮かべるようにして飲み込むとうまく飲めるようです。
 なお、胃薬の中には、苦味や臭いのあるものがありますが、これは味や臭いが味覚や嗅覚を刺激して効果を現すのでオブラートに包んで飲んだのでは意味がありません。

A7 (狭心症発作の薬をもらったとき、飲み込まないで口に含んでいるように言われたのですが、どうしてですか?)

 このような薬は舌下錠といい、溶けやすく作られており、飲み込まずに、舌の下や頬と歯茎の間に入れて口の中の粘膜から吸収されるようにしたものです。
 狭心症発作に用いるニトログリセリンは、口の中の粘膜から吸収されて血管に入り、すぐに効き目が現れます。これを飲み込んでしまうと、食道から胃を通り、徐々に溶け出して小腸からから吸収され、門脈という血管から肝臓に入りそこで一部分解されながら静脈から心臓に行き、全身に運ばれるので、心臓に達するまでに時間がかかり、発作を起こした時には間に合いません。
 この他にも、飲み込んではいけない薬の形がいくつかあります。
<バッカル錠>
 頬と歯茎の間に入れて徐々に溶解させてゆっくり吸収させるようにします。これは、性ホルモンや消化酵素剤など飲み込んでしまうと胃の酸や酵素で分解されやすい薬に利用されています。
<トローチ剤>
 体内に吸収させるのではなく、口の中で徐々に溶かして、口の中や喉の炎症に直接作用させるものです。炎症の元となっている細菌を殺すための成分や粘膜や血管を引き締めるための成分が入っていますので、かみ砕いたり飲み込んでは効果がなくなります。
<チュアブル錠>
 甘みと香りが付けられていて、かみ砕きながら飲めるようにしたものです。抗生物質や乗り物酔いの薬、カルシウム剤や胃腸薬などに使われています。錠剤の飲めない子供や、水のない所でも飲めて便利です。
<発砲錠>
 水に溶かすと炭酸飲料のように発砲するもので、水に溶かすことで吸収が早まり、胃への負担も少ないようです。 

HOME|個人情報保護ポリシー|もどる
公益社団法人高知県薬剤師会
〒780-0850高知県高知市丸ノ内1丁目7-45
総合あんしんセンター2F
TEL088-873-6429FAX088-822-8734
Copyright(C)2018kochi-kenyaku.or.jpAll Rights Reserved.