【Q1】最近、医薬分業と言って、多くの病院や診療所では、薬でなく処方せんをもらうことが多くなりましたが、どうしてでしょう?

 いろいろな理由が考えられますが、世の中が非常に進歩し、各分野において専門性が重視され、それぞれの専門の技術を発揮する必要性が生まれてきました。医療の世界においても医師がトータルに「診断」と「治療」を進めていく上でも、また、薬の分野においても、薬の専門家(薬剤師)が、患者さんの状態により、薬の内容を詳しく説明し、患者さんに不都合なことがないかどうかを確認することが重要視されてきました。病院、診療所で使う薬の種類が増えてきた結果、薬同士の飲み合わせにより、作用が強くなったり弱くなったり、時には副作用が起こることがあることも分かってきました。そこで、薬局で薬剤師が患者さんの薬の飲み合わせを確認し、必要であれば医師に連絡をとって処方の変更等をすることが、安全で効果的な治療を行う上で大変役立つことになります。さらに、患者さんにもいろいろな年齢、病態の方々がいらっしゃいます。そこでその方々のために、キチンと薬が飲めるように薬剤師が飲みやすい剤形を工夫することも大事なことです。いずれにしても、患者さんがより良い薬物療法が受けられるように、医療のシステムが変わってきているということです。

 このような医療機関の窓口では薬ではなく「処方せん」を出し、その処方せんに基づき街の薬局の薬剤師が調剤して投薬するシステムを「医薬分業」と言い、医師と薬剤師がそれぞれの専門分野、職能を生かして、患者さんにとってより適切な医療が受けられるようにと言うのがその趣旨です。

薬剤師と医師がそれぞれの役割を分担する、ゆとりの安全システム

【Q2】病院、診療所の窓口で「処方せん」を頂いたら、どこへに持って行けばよいのですか?頁トップへ

 まず、あなたが以前、「処方せん」を受け取った事があるならば、その時に調剤をお願いした薬局に持って行くのがベターです。初めて「処方せん」をもらった時は、ふだん懇意にしている薬局があれば、そちらに持参して下さい。あなたのことを理解した薬剤師が、懇切丁寧な応対をしてくれるはずです。初めてで懇意にしている薬局がない時は、あなたのことを理解した「かかりつけ薬局」を作るべく、できれば住まいの近くの何かと相談できそうな薬局を総合的に判断して、その薬局にお願いして下さい。初めはいろいろと聞かれますが、後は薬剤師が「処方せん」の基づき、お薬と説明をあなたに提供してくれるはずです。なお、薬を販売していても「処方せん」を受け付けないところがあります。「保険薬局」、 「保険調剤」とか「処方せん受付」などの看板やステッカーを貼っている薬局を目安にお選び下さい。
 特に、「日本薬剤師会認定基準薬局」の表示のある保険薬局は、高知県薬剤師会が認定した薬局であり、安心して調剤を受けることができます。
 お店の名前が「○○薬品」や、「△△薬店」のところは、調剤ができないとお考え下さい。

【Q3】薬局に「処方せん」を持っていくとどうなりますか?頁トップへ

 薬局では、「処方せん」を受け取ると、通常初めての患者さんの場合は、電話番号や、これまでのアレルギーの有無、他に飲んでいる薬がないかなど色々お聞きしたり、記入してもらうことがあります。これは、患者さんへの連絡方法の確認と、お薬と健康状態を把握して、今後他の薬が処方されたり、複数の病院などにかかっているときや売薬を併用しているような場合などの重複作用や飲み合わせを防ぐなど重要な意味がありますので、できるだけ詳しくお話戴いたりご記入下さい。
 この内容をもとに薬剤師が「処方せん」の内容を慎重に監査し、調剤をいたします。調剤方法にご希望があったり、心配なことがあれば、この時にお申し出下さい。

【Q4】薬局で調剤してもらったお薬と、病院診療所で調剤したお薬は同じですか?頁トップへ

 両方とも医師の処方に基づき調剤いたしますので、基本的には同じお薬をお渡しいたします。ただ、薬局により在庫している薬剤の包装の違いや、調剤方法の決まり(調剤内規)の違いにより、薬剤の包装や、粉薬水薬の見かけの量、一度に飲む薬のまとめ方等が異なることがあります。お薬を含む量はもちろん同じですが、気になる時は、以前いただいていた内容を薬剤師にお申し出下さい。

【Q5】飲む薬の種類が多いので、薬局で朝昼夕にまとめていただくと飲み忘れがないと思うのですが、そのような事はお願いできますか?頁トップへ

 もちろんいたします。一包化といって、医師の指示により服薬時点ごとに、服む薬をあらかじめまとめる調剤方法があります。医師の指示がない場合であっても、患者さんのお申し出により、薬剤師が医師に確認をとって、そのように調剤することができます。

【Q6】子供が小さいので薬を飲ませるのが大変です。薬局で飲みやすいように工夫して頂けると助かるのですが?頁トップへ

 ぜひ、ご相談下さい。薬剤師は、同じ薬で小児にもっと飲みやすい種類のものがあれば、医師に照会して変更することができます、また、出来合いのお薬で適当なものがない時は、その薬局独自で特別の乳幼児製剤を工夫することができます。少し薬剤負担が増えるかもしれませんが、大切なお子様に飲みやすい形とするわけですから、ご了承下さい。

【Q7】人手がないので、病院診療所と薬局の2軒行くのが大変です。配達をしていただけると助かるのですが?頁トップへ

 病院診療所からFaxで、薬局に処方せんの写しを送って、患者さんの自宅で、薬剤師が処方せんの内容を確認して、お薬をお渡しする方法があります。ただし、どこの薬局でも対応できるとは限りませんので、あらかじめ近くの薬局などにご相談して下さい。さらに、薬剤師が患者さんのベッドサイドで、患者さんが、きちんとお薬を飲めるようにいろいろなご相談に応じることもできます。ただし、この場合はやはり自己負担が生じることがあります。

【Q8】病院、診療所でお薬を戴いていた時と、かかる費用は同じですか?頁トップへ

 残念ながら、街の薬局では、薬剤師がこれまでに書いてきたようなお薬の確認や、いろいろな工夫をするために、少しよけいに費用がかかります。世の中に出ているたくさんのお薬を安全に確実に服用できるようにとのシステムですから、どうぞご理解ください。

【Q9】院外処方箋を発行している病院で、最近「Faxコーナー」をみかけますが、何をしているのですか?頁トップへ

 患者さんに発行された処方せんを、町の薬局にFaxで送っているコーナーです。受け取った薬局では、処方せんの写しにより調剤を始めます。患者さんが、処方せんを薬局へ持ち寄るまでの時間を利用して、お待たせしないでお薬をお渡しするシステムです。ちなみに、Faxの送信料は各薬局の負担であり、患者さんから戴くことはありませんのでご安心下さい。

【Q10】薬局では、「処方せん」に基づき「お薬の記録」を作ってあると聞きました。2回目からは、わざわざ病院、診療所に行かなくとも「お薬の記録」により同じ薬を戴けるのですか?頁トップへ

 たしかに、「お薬の記録」を作っていますが、これは今までに患者さんがどのようなお薬を服用してきたか、お薬について注意すべき事は何かを記録したものです。患者さんの病気の変化をお薬の記録から読み取ることはできませんし、法律上も新たな「処方せん」がなければ、もちろん調剤することはできません。

【Q11】2軒の病院診療所にかかっていて、各々「処方せん」をいただいいているのですが、別々の薬局にお願いしたら良いのですか?一軒の薬局にまとめた方が良いのですか?頁トップへ

 2軒の病医院にかかっていますと、同じ系統のお薬が出たり、一緒に飲むとあまり良くないお薬が出たりする可能性があります。したがって、一軒の薬局にまとめていただくと、お薬の重複や相互作用がないかどうかを確認してより安全で無駄のない薬の使用がかのうとなります。万一、重なって処方されている薬があれば、薬剤師が医師に連絡して処方を変更してもらうこともあります。処方の変更によりお薬の数が減った時はもちろん、薬剤の負担金も減ることになります。

【Q12】市販の薬を購入していますが、「処方せん」のお薬との飲み合わせも見てくれるのでしょうか?頁トップへ

 「処方せん」をお願いしている薬局で市販のお薬を購入しているのであれば、もちろん飲み合わせは確認しています。異なる場合は、薬剤師にふだん飲んでいるお薬を持って行って、飲み合わせをみてもらって下さい。持参する手間がかかりますので、やはり処方せんの依頼と市販薬の購入は、同じ薬局の方が合理的と言えます。

【Q13】 「処方せん」をお願いする薬局は、その都度変えてもよろしいのですか?頁トップへ

 薬局は患者さんが自由に選べますので、もちろん変えることができます。特に懇意な薬局のない方は、薬局の立地や店内の雰囲気、処方せんの受付時間、薬剤師とスタッフの応対状況などにより、「かかりつけ薬局」を決めていただければよろしいと思います。しかし、むやみに薬局を変えることは、患者さんのお薬についての記録をしっかりと把握することが難しくなってきますので、「かかりつけ薬局」が決まりましたら、できるだけその薬局を中心として「処方せんを」お願いして下さい。

HOME|個人情報保護ポリシー|もどる
公益社団法人高知県薬剤師会
〒780-0850高知県高知市丸ノ内1丁目7-45
総合あんしんセンター2F
TEL088-873-6429FAX088-822-8734
Copyright(C)2018kochi-kenyaku.or.jpAll Rights Reserved.